年会費無料のETCカードで損しないために

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を走らない時のカードの管理を皆さんはどうしていますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし紛失盗難が起きてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

では、万が一出口でエラーが発生してバーが開かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が流行っているそうです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社へ連絡して聞いてください。

他のレンタカーなどでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

クレカを所持していない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

皆さんはクレカの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

ここ数年でよくノマドワーカーという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

高速道路料金支払い時に使っているETCカードの場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらず法人用のビジネスカードを申し込むのが一番基本的な方法です。

しかし、クレジット機能付きの法人カード発行は独立して1年などでは審査に通りにくいことがあるようです。

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

盗難ではなく、仮に紛失だったとしても絶対に警察への届け出はしてください。

届けを出したら次はカードの発行元への連絡になります。

ETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは