住宅ローン借り換えランキング固定と変動はどちらがお得?

住宅ローンには変動金利型と固定金利型、期間固定型などの金利体系があります。
変動金利型は固定金利型に比べて金利が安いのですが金利が景気の影響を受けてしまうので、契約当初よりも金利が上がる危険もあります(もちろん、逆もあります)。
一方で、固定金利型はローン完済まで金利が固定なので、金利の変動を心配する必要はありませんが、金利の変動を銀行が吸収しなければならないというリスクがあるため、金利は高めに設定されています。
期間固定型は融資開始から一定の期間は金利を固定するというもので、固定期間が終了すると固定期間を継続するか変動金利に変更するかを選択できます。
このタイミングで住宅ローンを借り換える人も多いようです。
現在は金利が下がってきているので、住宅ローンランキングサイトで情報を集めて、借り換えを検討するのも良いタイミングですね。