フレッツの通信速度が遅くなってしまう理由で考えられることは?

フレッツの通信速度が遅い理由として、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、見ようとしているサイトへのアクセスが集まっていたりということです。
そんなわけで、一時的に遅いというだけでしたらしばらく待っていればよくなる場合もあります。
ここのところ、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにしたのでした。
すでにかなり長いことインターネットを使っています。
光回線の契約も会社を変えたりしていくつかの会社を使ってきました。
これまでの間に光回線を利用してきて通信速度に遅いと不満を感じたことは全くといって良いほどありませんでした。
動画を視聴する時にも快適で、他の回線を使う気にはなれないといった風に思っています。
フレッツには顧客からのクレームが多数送られており、その中の一つに加入してから一ヶ月程度経った頃に、唐突にネット接続ができなくなるといったことがあります。
この件の場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、このようなクレームは日々たくさん寄せられているそうです。
イーモバイルを使っていてそのうちにワイモバイルに変更していました。
でも、ワイモバイルに変えてから、ソフトバンクのwifiスポットが使用可になりました。
使い具合としては、ワイモバイルに変わってからの方がともすればいいかもしれません。
通話をほとんど使わず、パソコン中心に使っている方にはイチ押しです。